• のれんの用途
  • 役割と歴史
  • 店舗用のれん
  • 日除けのれん
  • イベント用
  • 楽屋のれん
  • サイトマップ
  • 京都でのれんを製作する

    用途で選ぶ「のれん」について

    色々な種類のあるのれんは、用途に合わせて選ぶことが大切です。
    一般的なお店などにもかけられているものは、長さが110cm超になっていて
    のれんの制作会社にオーダーすると1cm単位で変えてもらうことができます。用途で選ぶ

    ベースとなる布の色や柄なども自由に選ぶことができますので、専門店に依頼することが多いようです。

    長のれんになると、通常よりもずい分長くなって160cmありますので
    目隠しの用途でよく用いられています。

    日よけとして使われることも多く、店先にかけると良い目隠しになります。
    日よけのれんというものもあり、用途はもちろん日差しがあたらないようにすることです。

    大きな一枚布で割れ目がなく、軒先から斜めにかけて地面に固定します。
    日よけ以外では、お店の名前を記して看板にすることもありますし、
    最近ではメニュー表に使うこともあるようです。

    一般的なものの半分の大きさの場合には60cm弱になっていて、通常丈よりも
    短くなっているために、お店の中をすぐ見渡せるようになっています。

    専門店に依頼

    閉鎖された空間では常連さんでもない限りはなかなか入りにくいものですが、
    中を見せることで入りやすい雰囲気にすることが可能です。

    また、陳列されている商品を見せることで興味を持ってもらえるという利点もあります。

    水引きのれんもあり、丈は40cm程度ですのでかなり短いタイプです。
    軒先いっぱいにかけて仕切りとして用いられていることが多く、
    時間でかけたり下ろしたりせずにかけっ放しにしているのが一般的です。

    このように様々な種類があって用途ごとに使い分けることができますので、
    どのような目的で使用するのかを考えた上でオーダーしましょう。

    ラインナップの充実しているお店に注文すれば、色や大きさだけでなく
    素材にまでこだわることができ、自分だけののれんを手に入れることもできます。

    入れる文字の大きさや色についても自由に選ぶことができ、
    割れ巾は奇数が縁起が良いとされています。